サッカーする技術討論!クロス&パスを極める

見方に合わせるクロスの蹴り方とは?

サイドからボールを上げてゴ一ル 前の味方に合わせる、と言葉にする と簡単だけど、クロスは本当に難し い。走り込む味方のタイミングと合 わなかったり、誰もいない場所に飛 んでいってしまったり……。こうい ったミスが起こらないようにするた めに、気をつけてほしいことがいく つかある。

クロスを狙うエリアは基本的に、 近いサイドのニア、ペナルティーエ リアの中央、遠いサイドのファーの 3つになる。ゴール前をしっかりと見る時間が あって、フリーの味方がいればピン ポイントで蹴る場合もあるけど、ゴ 一ル前を見る余裕がない、素早く上 げなけれぱいけないというときは、この3つのエリアのどこに蹴るかを あらかじめ決めるようにしている。

ボールの球種は、右サイドから右 足で蹴る場合は真っ直ぐに飛んでいくストレート、ゴールから離れていくインカーブ、ゴールに向かっていくスライスの3種類がある。そのと きの状況に応じて蹴り分けられるの が理想的だね。

個人的にはフワッとしたボールよりも速いボールのほうがいいと思う。速いボールだったら、たとえ味方に合わなくてもDFがクリアできなくて、オウンゴールになったり、こぼれ球になったりして味方のチャンスになることもあるからね。とにかく、クロスボールは何度も蹴り込まないとうまくならない。練習あるのみだ。

トリッキーパスは有利な状況を作るための技術

パスは、受け手にとって“優しい パス”を出すことを心掛けよう。こ こでいう優しいバスとは卜ラップが 簡単なスピードの遅いボールという ことではない。ボールをもらった味 方が有利な状況でブレーするための バスということだ。僕がノールックバスをよく使うのは、自分のほうに相手を引きつけることによって、少しでも味方が楽な状態でボールを受けられるから。そうすれば次のプレーがつながリやすくなってチヤンスが増える。

ただし、基本がない選手がテクニ ックだけを追い求めるのは間違っている。「かっこいいから」「おしやれだから」という理由だけでノ-ルックパスを使うのは、出し手のエゴになっちやうんだ。

ノールツクパスのバリエーション はたくさんあるけど、瞬間的に引き 出しの中から出すとでもいうのかな、相手の状況や受け手となる味方との位置関係によってコレをやろうというのがパッとひらめく。

僕は無理な体勢でのバス練習にも、意味があると思う。試合中にいい体勢でパスを出せる場面はあまりない。どんな状況でも工夫してパスを出せるように練習を積み重ねておけば、絶対に試合で使える技術が身につく。体のどこにボールがあっても、味方がどこにいてもパスを出せるようになれば、ゴール前で相手は怖がる。そうすればドリブルも生きてきて、ブレーの幅も広がるんだ。